すごろクエスト++ダイスニクス

ハマり度の高いボードゲーム! 友達は大切にね

<TBL/テクノスジャパン/1994.12.9>

ボードゲームとRPGの要素が合体した作品。
パッケージの裏面には「対戦型のRPG」と書いてあったようです。
さすがにRPGは言いすぎ。
同じ合体ゲーなら「ただいま勇者募集中おかわり」の方がRPGに近い。
とはいえ、魔法やバトルのおかげでアクティブに楽しめるゲームになっています。

攻略難易度は易しめ。
COMP(コンピュータープレイヤー)の思考力は、あまり賢くない。
力押しでも余裕で勝てる。
自分でハンデをつけないと手ごたえはないですね。
ただ、COMPに勝つのが難しいゲームだったら、きっと「クソゲー」扱い。
子供向けのバランスとしてはこんなものなのでしょう。


4人のプレイヤーが行動ターンと待機ターンを繰り返しながらボード上を進み、クエストをクリアしていきます。

ゲームの流れは、1~4の繰り返し。

1.民家でクエスト(お使い)を引き受ける。
2.目的地まで移動しクエストをこなす。
3.民家に戻って結果報告。
4.報酬と経験値を獲得。
5.ゲームスタート時に決めたクリア条件を満たす。
6.ゲーム終了。成績発表。


マップの民家で受領するクエストは、モンスター退治、バケツの水汲み、迷子探し、ラブレターの配達など。
どのクエストが出るかはランダム。
報酬がショボいクエストが多いので、納得のいくクエストが出るまで粘ることもザラ。

目的地に行って用を済まし、戻ってきたプレイヤーのクエストを略奪することもできます。
そのプレイヤーがクエストを引き受けた民家に行けば、代わりにクエストクリア。
友達にかなり嫌われる行為ですね(笑)

「セービングロール」という運だめしが起きることもあります。
ダイスをふった出目の合計が規定値以上で成功、規定値以下だと失敗。
バケツの水汲みでは、重たいバケツを運ぶのに力のダイスの出目が必要です。
反対に、運の悪さを競うクエストでは、依頼者より悪い出目を出さないとクリアできません。


ボード上のイベントマスに止まると、ミニイベントが発生。
止まったマスが幸運なマスか不幸なマスかで、イベントの内容が変わる。

幸運マスでは、なにかしらラッキーなことが起こります。
吸血鬼のデヒテルは、自分のファンの女性を吸血してHP回復。
アヤシイ教団の教祖・ウルリクは、信者から貢ぎ物(アイテム)をもらう。
毎日ツイてない・・・と思っている人は、幸運マスが連なったゾーンをうろつくと元気が出るかもしれません(笑)

不幸マスに止まると、ロクでもない目に遭います。
中でも、運のダイスを使ったセービングロールは命がけ。
失敗すると即、死にます!
毒虫に刺されるイベントでは、運のダイスを一つしか持てないシンシアは絶対に助からない・・・。
もはや運以前の問題。


ボード上に現れるモンスターにぶつかると、3ターン制のバトルに突入。
キャラの物理攻撃力・魔法攻撃力はダイスの所持数と出目で決まります。
ダイスをたくさん持っていても出目が悪いとヨワヨワ。
モンスターの強さもまちまちで、ザコもいれば手ごわいのもいる。
クリア条件の進行度合いは関係ないので、どれに当たるかは運。

当事者以外のプレイヤーも、アイテムや魔法の使用でバトルに介入できます。
戦闘中のプレイヤーとモンスターの両方をターゲットにできるので、邪魔なプレイヤーに「しゅりけん」を投げて全滅させることも!
COMPの行動は予測できません。
運が良ければプレイヤー側の味方になってくれるけど、よくわからない行動をすることも多い。

プレイヤーが死ぬと、墓石となってスタート地点に戻されます。
生き返るまで「○○は死体だね!」と明るいメッセージが表示されるのがなんともいえない。


すごろクエストのゆるキャラ「ダイスマン」は、バトル時の助っ人キャラ。
20体の中から好きなダイスマンを選べます。
ダイスマンの能力はピンキリ。
オールマイティーに強いダイスマンもいれば、全部ダメなヘタレもいる。
HP1のダイスマンなんて普通は選ばないでしょう。
「ダイスマンブレイク」(自爆魔法)専用として使ってみる?


シナリオモードのラスボスに「ダイスマンブレイク」が効いてしまうすごろクエスト。
ラスボスも特別扱いしない公平さに驚き。
魔法を使ったズルやハメ技も可能なので、友達と遊ぶ時はやりすぎ注意。
私は幸運ゾーンにひきこもり、ハッピーに浸るのが好きでした。
ハマると抜け出せないんだよねぇ(笑)

タイトルとURLをコピーしました