ギタの学舎メモ~生き物

ギタの学舎メモ~生き物

身近な生き物

イム

白くてプヨプヨした生き物。落とし物を食べる。
神が人の友として遣わしたもので、プルトの人々と共に暮らしている。
のらイムと飼いイムがおり、飼いイムはイム争奪戦で優勝すると飼う権利を与えられる。
落とし物を大量に食べるととても臭いふんをする。

イムの木

イムは動物と植物の両方の性質を持った生き物で、特別な条件が揃うとイムの木に成長する。
海の向こうのオルルド王国ではイムの木を育てているという。

飼いイム

イム争奪戦の優勝者に与えられる。
飼いイムは優勝者の家に住み着き、一緒に暮らす家族にもなつく。
飼い続けるには3年ごとのイム争奪戦で勝たなければならない。

のらイム

人に飼われていないイムの呼び名。
イムは神の使いと信じられており、とても大切にされている。
夜になるとイムたちは落とし物を探し回る。

カラ

ウルグからヤーノ市場に生産物を運ぶ人形。
それぞれのウルグに存在し、神が作った人形といわれている。
魔法の力が動力だと思われるが、それ以上のことはわからない。
カラには愛称があり、リムは「トリン」、バハは「ハットン」、ガアチは「ロッテ」と呼ばれている。

カラの荷車

カラが発見された時からずっと一緒に存在している。
カラも一心同体のごとく荷車から離れようとしない。
主に生産物が積まれているが、その下にカラを動かす秘密があるといわれている。

「でも、誰もそれを調べることはないでしょう。
どうしてかって?それは、カラだから中はカラっぽ!ぷぷぅ」

めずらしい生き物

ウミカイ

毎年20日の愛の日にバスの浜で産卵する生き物。
海の深いところに生息しているといわれるが、産卵時以外に見た人はいない。
ウミカイの卵は滋養強壮と子作りに効果的で人気がある。

バグウェル

プルト共和国の護り龍。
3年に1度行われるDD杯で人間の代表と戦うためにやって来る。
普段は共和国の南にあるタルムドの森の奥に住んでいるといわれる。
龍族は世界各地に散らばって、人間の生活を護っている。

タイトルとURLをコピーしました