エターナルメロディ

恋愛ゲームなのに大接戦のスゴロクバトル!

<恋愛シミュレーション/メディアワークス/1996.11.22>

異世界に飛ばされた主人公が元の世界に戻るため旅をする、恋愛育成シミュレーション。
発売元がメディアワークスということで、当時「電撃プレイステーション」誌上で大プッシュ。
電撃読者だった私はのせられたわけですね。


ゲーム冒頭、3人の女の子を勧誘してパーティーを組み、いざ旅に出発!
得体の知れない男について来てくれるとは、おおらかな世界で良かったなぁ(笑)

街に着くまでは育成パートで、パラメータアップに励みます。
街では女の子とのデートやイベントが発生したものの、内容は失念・・・。


登場する女の子は9人。
前作「ウィザーズハーモニー」よりmoo氏の絵が進化し、かわいくなりました。
私が好きなのは関西弁のアルザ、うさ耳のキャラット、人当たりの良いティナ。
ウェンディ、リラ、楊雲といったクセの強いキャラも、攻略するうちに良い面が見えてきます。

女の子同士には相性があり、仲の良い子で組むと育成がはかどります。
相性が悪い子を入れるのは避けた方が無難。
また、自分の好みだけでパーティーを組むと、のちのち地獄を見ます。


主人公が元の世界に帰るために必要なのが「魔宝」と呼ばれるアイテム。
ストーリーイベントでは「魔宝」の入手をかけて、ライバルチーム2組とスゴロクバトルで戦います。

スゴロクバトルは、スゴロク盤の上をルーレットで進んでいくもので、ボスを倒したチームが勝利。
モンスターやライバルチームに当たるとアタックあり魔法ありのバトルになります。

異世界モノのエンディングは「現代に戻る」と「異世界に残る」の2種類と決まっているので、エンディング分岐のために「魔宝」の入手は絶対条件。
スゴロクバトルは勝つまでリセット!!

・・・しかし、簡単に勝たせてくれるほど世の中甘くない。

ライバルチームは、「リーダー + 主人公がメンバーに選ばなかった女の子3人」で編成されており、かなり手強い。
戦闘では日頃の育成の成果が出るので、育成がおろそかだと苦戦します。
マップのボスも強敵。
ラスボスなんて倒すのに5分以上かかったような・・・。

さらに、女の子の恋愛イベントでもスゴロクバトルがあります。
一位になれなかった場合は、もちろんリセット。

これ、ギャルゲーだよね?

とツッコミたくなるくらい、ギャルよりスゴロクバトルの比重が大きい・・・。


「スゴロクバトル」の過酷さにもめげず、たぶん全キャラのエンディングを見たと思います。
今はこんな根気、ないですよ(笑)

ライバルキャラの一人、魔族の青年・カイルとのエンディングもありました。
カイルは同族からも相手にされない3枚目ぶりが笑えるイケメンキャラ。
現代に戻るエンディングでは、主人公とバンド「魔族」を結成してノリノリ状態。
案外仲良しな二人が見ていてほのぼのでした(笑)

タイトルとURLをコピーしました