気ままにバンド語り・BUCK-TICK -2023-

BUCK-TICK -2023-

「バクチク現象 -2023-」が終わりました。

始まるまでは不安しかなかった。
メンバーも、スタッフも、関係者も、観客も、不安でない人は一人もいなかったと思います。

独自の音楽性を貫きながら第一線で活躍することができたのは、櫻井敦司あってこそ。
「魔王」と呼ばれるようになってからは、存在感がさらに増したように見えました。

そんなあっちゃんが突然、消えた。

衝撃は計り知れません。


10月24日のニュース以来、いちファンである私の世界も一変。
まさに灰色・・・。
大して長く生きていないとはいえ、こんなに悲しいことが起きるなんて。

あっちゃんを最期に見たのは9月18日の群馬音楽センター。
この日から日本武道館までの出来事と思いを綴ります。

9月18日 TOUR 2023 異空 -IZORA- FINALO

今まで行ったことがなかった群馬音楽センターのライブ。
35周年の締めくくりに故郷で開催されるということで、ようやく参戦!
いつも日曜日にやるから、翌日のことを思うと気がのらなかったんだよね・・・。

会場へ向かう前に、タワーレコード高崎オーパ店で衣装展示を鑑賞。

ヒデの衣装がな~んか気になるけど・・・。
ちょいちょい見せつけてくるの(笑)
一番奥のキミドリの蛍光色は、さすがとしか言えません。


9月とは思えぬ暑さの中、群馬音楽センターに到着。
外にいると汗がダラダラで、メンバーパネルとの記念撮影は断念。

群馬音楽センターは歴史を感じる・・・というか古いホールでした。
ここの楽屋で、あっちゃんがストレッチしながら母親との思い出を語ったんですね。


ライブはまさにツアーの集大成という出来。
八王子から始まって各地を回り、「異空」の曲たちが完成したんだなと。
「ABRACADABRA」はツアーがなかったので、なつかしい感覚です。
そのせいもあってか、最近のライブの中で一番ワクワクしました。
映像化してほしいと思ったのは久しぶりじゃないかな。


日帰りで慌ただしく帰ったのですが、後になってみれば17日も申し込めば良かった・・・。
終演後の屋外演出もきちんと見られなかったし。

とはいえ、ライブの内容ってすぐ忘れちゃうんだよね。
開演に間に合わなくて走ったことや、物販の行列に並んだことは覚えてるのに(笑)

最後に見た5人のライブが楽しかった。
それで十分だと思おう。

10月19日~10月24日

10月19日。
「TOUR 2023 異空 -IZORA- ALTERNATIVE SUN」初日。
ライブの申込みはしなかったので、みんなの感想を読もうとして事態を知りました。
あっちゃんのことは心配だけど、続報を待つしかない。


10月24日のことは気ままにバンド語り・BUCK-TICKにて。

頭が冴えて眠れなかったので、翌日は会社を休みました。
「公式の発表遅いな」と思った時には亡くなっていたなんて、いつも通り過ごした日々がバカらしい。

それからは仕事中思い出しては泣いて、普段やらない凡ミスもやらかして、ひどいものでした。

11月18日 豊洲PIT

異空のツアートラックが、ようやく東京にやって来ました。
平時であればわざわざ見たいとは思わないんだけど・・・。
悲しいですね。


訃報から一ヶ月ほど経ったこともあり、感傷的なムードは少なかったです。
セレモニーと日本武道館の発表もあったしね。
私も落ち着いてターポリンにメッセージを書いてきました。
あっちゃんに伝えたことは「愛と感謝」です。

FISH TANK会報 No.109

セレモニーの日が迫っているので、心して読みました。
KT Zepp Yokohama当日の写真に、その日のセットリストまで・・・。
聞きたかったな、アンコールのレア曲。

それぞれの人柄が表われたメンバーメッセージの中、意外だったのはヒデ。
かつてない率直な言葉に胸を打たれます。

あの日のことは本当にショックでした。
具合が悪かったろうに、あっちゃん限界まで歌い続けてくれて・・・。
その気持ちが痛くて・・・。

「櫻井敦司は愛してやまないステージを選びました。
 最後の最後までBUCK-TICKボーカリストでした。」

ヒデの言葉に少し救われた思いです。

12月9日 THE CEREMONY -櫻井敦司へ-

Zepp Hanedaを使って「偲ぶ会」が開催されるとは。
スタッフが過労で倒れないか心配になるほど、怒濤のスピードで進んでいきます。

W会員でのチケット争奪戦に敗れ、一般の方でなんとか入手。
ほんと心臓に悪い。

以前、何かのライブで「めかしこんで来い!」とあっちゃん言ってましたね。
だから当日は着飾って羽田へ・・・。


祭壇に飾られた写真、衣装、小道具。
中央に立つマイクスタンド。
あぁ、もう歌う人がいないのだと実感すると、涙が止まらない。

この数年、バクチク以外のバンドのライブも行くようになって、正直下火だったんです。
でも、あっちゃんは変わらず一生懸命やってくれていたんだね。
自分の不義理を謝りました。
そして、また会いたいとも・・・。

フロアを出た先にずらっと並んでいたのは、業界関係者の花。
「遠藤遼一」の名前を見つけた時は思わず立ち止まってしまった。

令和の「バクチク現象」

12月11日~12月17日の間、東京メトロの主要駅構内にて。

日本橋駅。


豊洲駅。

やるんだな・・・。
どうなるんだろうな・・・。
あれこれ予想しながら、その日が来るのを待ちます。

BUCK-TICK SUNDAY LIVE STREAMING

荒療治でした。

セレモニーが終わっても悲しみに沈む間を与えない。
最近のあっちゃんの映像はまだ辛いのよ?
それなのに、絶界、忘却、鼓動、LOVE PARADE・・・。

公式は鬼かっ。

でも、みんなも一緒に見てるもんね。
チャット欄にあふれる涙や拍手に励まされながら、三夜楽しむことができました。

12月29日 バクチク現象 -2023-

体調を崩さないよう気をつけて迎えた、ライブ当日。

グッズ並びで疲れ、ひと仕事終えた気分になったけど、まだ何も始まってないぞ!
今井先生は「続ける」と言ってくれたものの、はたして今もその気持ちなのか?


ふっと会場が暗転して、SEが流れ出す。
ステージに現われるメンバー。
今井のかけ声のあとに始まったのは・・・。

疾風のブレードランナー。

・・・この曲か!!


あっちゃんはいません。
歌はいつかのライブ音源でしょう。
ギターの2人はいつもより動いて、ステージを盛り上げます。
FUTURE SONGではヒデも歌い、新たなスタイルを感じさせました。
でも、空いてしまったものは埋まらず、4人の表情は硬い。

序盤のアッパータイムが終わると、一転して櫻井ワールドへ。
わりと冷静に見ていたけど、ここからダメでした。
ISSAYさんと共演した愛しのロックスターの映像を見たら、もう・・・。

トドメは太陽とイカロス。
まさかやるとは思わなかった。
これは辛い。一番堪える。だって歌詞が・・・。

あっちゃんの死を乗り越える、ヒデの覚悟を感じました。


BUCK-TICK -2023-

アンコールにて、4人が心境を語りました。
最初のユータで涙ボロボロ。
アニイ、ヒデと話して今井先生へ。
今井はあっちゃんとの絆、ファンへの思いやり、バクチクを続けていく意志をはっきり示してくれました。

こんなに頼もしいリーダーがいるなら大丈夫だよね?
私が想像していた以上に、彼らはあっちゃんのことを、バンドのことを大事にしていました。
そして、ファンのことも。
胸がいっぱいです。


今年から「第二期BUCK-TICK」が始まります。
どうなるかわかりません。
期待と違うかもしれません。

でも、発車のベルは鳴っている。

乗り遅れるなよ~~!!


「バクチク現象 -2023-」は成功したと思います。

セットリストも演出も素晴らしく、何よりメンバーの言葉で不安は消えました。
あとは発売されるであろう新曲を待つしかない。
ライブについては、4人でのステージングを模索していくのでしょうね。

・・・ヒデもそろそろ、本気出していいんだよ?
あっちゃんの代わりに歌えるところは歌ってほしいな~。
ヒデには余力があるというか、すべてを見せていない気がする(笑)


最後に。

あっちゃんは私の、みんなの胸の中にいます。
忘れることはありません。

櫻井敦司は永遠です。

タイトルとURLをコピーしました