アンジェリーク

次期女王の座か淡いロマンスか・・・ゆれる乙女心

<恋愛シミュレーション/光栄/1994.9.23>

女性向け恋愛育成シミュレーションゲームのさきがけ的作品。
初代SFC版のパッケージ裏には、

惑星を育てる楽しみと、ほのかな恋愛の楽しみ。
二つの魅力を一つにした、 甘く、ロマンティックな世界で思いきり遊んでください。

とのメッセージが。
いま読んでも胸が高鳴りますね。

ところが、あのシビアさを思い出すと一気に熱がさめるのでした。
「アンジェリーク」は見た目とは裏腹に、難易度の高いゲームだったのです・・・。


この宇宙の次期女王候補に選ばれた主人公・アンジェリーク。
もう一人の女王候補のロザリアと競いながら、おのおの大陸を育成することになります。

「アンジェリーク」には、「守護聖」と呼ばれる素敵な男性たちが登場します。
由羅カイリさんの少女漫画風のイラストから、乙女の世界が広がっていますね。
守護聖は宇宙を構成する力を司る存在。
女王候補は守護聖の力を借りて大陸を育成します。


序盤は主人公の行動力が少なく、大陸を育てるだけで手いっぱい。
守護聖との会話を楽しむ余力がありません。
育成のお願いをしたら部屋に戻ってgo to bed。一日の短いこと(笑)

しかし、気を抜いてはいられない。
同じ学院に通う才女・ロザリアは強力なライバル。
女王試験でロザリアに勝つには育成と恋愛を両立する必要があり、とにかく忙しい。
さすが「三国志」の光栄だ、と妙に納得した覚えが。


難しいゲームでも、やっていくうちに慣れてくるもの。
プレイに余裕が出てきて守護聖とのエンディングが見たいと思ったとき、はたと気づきました。

どうやって見るんだろう?

いくら守護聖と親しくなっても、迎えるエンディングは女王関連のものばかり。

なんとこのゲームは、

恋愛エンディング自体がランダム

だったのです!

エンディングに至るイベントの発生がランダムなので、そもそもが運。
どうりで見られないわけだ・・・。
というより、見逃している。
意中の守護聖が主人公の部屋を訪ねて来なければならず、やきもきしているうちに「守護聖からの力の贈り物」で女王になるパターン。

主人公から想いを告げても、ことごとく玉砕。
あれ、成功するんでしょうか?


それでも、あきらめなければ願いは叶うわけで。
幾多のリセットを乗りこえて迎えたエンディングはというと・・・。

ロマンスですね。少女のロマンス。

夢物語といった方が近いかな。
なんだか遠い世界のことのようでした。(まぁ、そういう設定なのだけど)


ゲームプレイ後、光栄にアンケートを出しました。
しばらく経ってから、ちょっとした謝礼とともに新たなアンケートが送られて来ました。
アンケートには音声絡みの質問がいくつか。
スーファミで音声を? と思いましたが、後にCDとリモコンを使う音声付きの「アンジェリーク」が発売。
どういうものだったのか気になりますね~。

タイトルとURLをコピーしました