ワイルドアームズ

荒野をゆく3人の渡り鳥~SCEの本格派RPG

<RPG/SCE/1996.12.20>

荒野のRPG・ワイルドアームズシリーズの第一弾。

このゲームについてまっさきに思い出すのは「ロディの尻」。

オープニングアニメの「ロディの尻」を見てプレイを決意した私。
崖を登っているロディを下から写したカットで、ハートに火がついた。
ごく普通のシーンなのに、オタクってどこにツボるかわからない(笑)


きっかけは不純だったにせよ、ゲームは堅実です。
さすがSCEのタイトルなので、丁寧な作りで安心して遊べます。
そして、硬派。「萌え」とかない。


ワイルドアームズといえば、手ごたえある謎解きダンジョン。
キャラクターごとのグッズ(固有のアイテム)を駆使して、仕掛けを突破していきます。
終盤のマップは攻略情報なしでやったため、数日悩むこともありました。
某塔登りゲームも塔の階数を増やすより、ダンジョン内に謎解きを入れてくれればねぇ。

ストーリーは、もう記憶にないんですが・・・。
ロディ絡みのイベントは泣けたと思います。


もう少し! という点をあげるなら、グラフィックでしょうか。
街やフィールドはドット、戦闘中はポリゴンだったけど、どちらもきれいとはいえない。
ドットはSFCのゲームと大差ないくらい?
ポリゴンも初期のPSなので粗い。
キャラの目なんて「縦棒」だし。そこまでシンプルにしちゃうのか(笑)
戦闘不能になっても目を開けたままで、なんだかシュールでした。


西部劇風のビジュアルもあって派手さはないものの、手堅いゲームです。
RPGにしてはボリュームも手頃。
レベル60の私のデータで総プレイ時間が39時間ほど。
オープニングアニメで流れる口笛も味わいがありましたね。

タイトルとURLをコピーしました