スペクトラルタワー

ひたすら塔を登るストイックなRPG

<RPG/アイディアファクトリー/1996.10.4>

タワー型のダンジョンを攻略していく塔登りゲーム。
シンプルに徹しても面白くなかったという、PS初期の隠れたクソゲーです。


スペタワには特定の主人公が存在しません。
操作キャラクターはシーフやクレリックといった「職業」で、職業ごとに決まった「数字」があります。
ダンジョン内で基本職業の数字が書かれたパピルスを発見し、ゲーム内の電卓画面に入力すると、その職業で遊べるようになります。

基本職業の数字をいじると上級職業が出現。
上級職業の数字をいじると、より高ランクの職業が・・・という風に職業を見つけていきます。
職業の種類は豊富だったので、あれこれ電卓をたたいて熱中しました。
このシステムだけ、妙にアイデアが利いていましたね。


塔の内部はかなり簡素なダンジョン風。
歩いているモンスターに接触すると戦闘になります。
キャラクターにレベルがあったかどうか謎なので、戦う意味はあまりなかったような・・・。
上の階に行くごとにモンスターも恐ろしく強くなり、まともに戦って勝てるのか疑問。
ゲームバランスが悪いと思います。

塔登りにはお助けアイテムがありました。
「フェアリーロッド」を使うと、ランダムで上の階にジャンプできます。
さっさと登頂できるかはこのアイテムの出現次第でしたね。


シナリオはおろかダンジョン内の謎解き要素もなく、ひたすら単調。
飽きっぽい人なら一時間で投げるのでは?
1000階の塔をクリアした私ですら、ユウさんの「ブタブーパン」(食べるとブタに変身するどうしようもないパン)しか覚えていません。
しかも、セーブポイントが出現するまでセーブできない不親切仕様。
10000回の塔を登りきってエンディングを見た人が、はたして何人いるのか?

日野慎之助氏のイメージイラストは好きでしたが、パッケージにだまされることなかれ。
ゲームとしては、かろうじて数字を使った職業システムが楽しめたくらい。
時間があり余ってる人かクソゲープレイヤー向きの作品です。

タイトルとURLをコピーしました