ときめきメモリアル 伝説の樹の下で

永遠の幸せを願って・・・Forever with you.

<恋愛シミュレーション/コナミ/1996.2.9>

いわずと知れた恋愛シミュレーションの王様。

画像検索してもらうとわかりますが、
女の子、
かわいくないですよね。

「この絵で人気あったの?!」と驚くかもしれません。
SFC版はグラフィックの荒さもあり、ごまかしがきいた。

しかし、PS版をやった時は私も衝撃でした。
さすがにちょっとブサイクじゃないか・・・。
「ときめき状態」の表情に萎えたキャラもいるし・・・。

男性ファンの心理はわかりません。
「詩織メイト」の会員数も知りません。
女の子がかわいくなくても「ときメモ」に夢中になったのは、ゲーム自体が面白かったから。


平日は主人公の育成(パラメータ上げ)をして、休日は女の子とデート。
体育祭ではミニゲームに燃え、文化祭・修学旅行ではRPGのようなバトルまで!
さすがコナミ、「ギャルゲー」を超えてゲームとして完成度が高かった。

もちろん、11人の女の子たちも魅力的です。
誰か一人は好みがいるよね? という個性豊かなラインナップ。
サブキャラでは、主人公の友達の良雄と憎まれ役の伊集院レイが登場。
情報通の良雄は女の子の主人公に対する好感度を教えてくれる役割でした。
金持ちの伊集院は嫌味を言いに現われるだけですが、実は・・・・・。

特定の女の子とばかり仲良くしていると、主人公の悪い噂が流れ出す・・・。
デートしていない女の子に「爆弾」がつき、爆発すると全員の好感度が下がる「爆弾システム」。
爆弾処理に追われると大変! 本命とのデートが遠のく。
すごくイラつくシステムだけど、これを含めて「ときメモ」 。しょうがない。


PS版には「アルバム機能」というものがあって、「電撃プレイステーション」で写真の枚数を競う企画がありました。
私もチャレンジしましたが、枚数を稼ぐにはとてつもなく根気が要りそう・・・。
早々にあきらめて、その逆の最低枚数アタックに挑戦。
記録は美樹原で7枚。
せめて出番の多い詩織でやりなよって感じですね(笑)


詩織といえば、SFC版のEDが見られない!
2度挑戦して失敗。
主人公のパラメータも詩織との親密度も十分上げたつもりなのに、何かが足りなかったようで。
教えてくれ、詩織。いまだにモヤモヤするぞ。

PS版では難易度が下がったのか、あっさり詩織のEDが見られて拍子抜け。
見晴狙いの途中で詩織に乗り換えたんですが、それで伝説の樹の下に呼ばれるとは。
これではイージーすぎる。


当時は遊ぶたびに好きなキャラが変わっていきました。
虹野沙希 → 片桐彩子 → 館林見晴 → 伊集院レイと如月未緒。
隠し扱いのレイには意表を突かれました。攻略の過程も面白い(笑)
未緒は文系の地味な子で、オタクな自分と親和性があったのかも。

今なら誰だろう?
趣味が合いそうなのは片桐かなぁ。
一緒に海外旅行に行ったら楽しいと思います。

・・・まぁ、オクテな私は伊集院ん家に電話かけて、金のベッドの話でも聞いとくわ(笑)

タイトルとURLをコピーしました